Dr.Dのプロフィールはこちら

キャピタルゲインとインカムゲイン

資産
投資での資産の増やし方はキャピタルゲインとインカムゲインの二つ!
どちらが自分に合っているか考えよう!

キャピタルゲインとは?

キャピタルゲインとは簡単にいうと売って手に入れた利益です。
10万円で買った株を12万円で売ることができれば2万円の利益がでます。
これをキャピタルゲインで得た2万円と言います。
分かりやすいですね!

インカムゲインとは?

インカムゲインとは金融商品を持っているだけでもらえる配当金のことです。
10万円で配当金が1000円/年の株を持っているとします。
あなたはその株を持っているだけで年1000円のお小遣いがもらえます。これがインカムゲインです。
ここでポイントは株価が8万円に値下がりしても12万円に値上がりしても1000円もらえることに変わりありません。
しかし、会社の業績が悪いと「年800円にします!」と言われるかもしれません。
逆に業績が良いと「年1200円に上げます!」となる可能性もあります。
ここでは株で例を出しましたが、ETF・投資信託でも配当金はもらえます。
また、自分で不動産(マンション)などを持っていてその家賃が入ってくる場合、これもインカムゲインと言います。もちろん不動産を安く買って高く売れればキャピタルゲインを得ることができます。この場合金融商品が株から不動産に置き換わっただけですね。
金などの場合持っているだけではお金は増えないのでインカムゲインはありません。高く売れればキャピタルゲインは得ることができます。インカムゲインが得られる金融商品と得られない金融商品があります。
配当金の額は企業が公表してくれています。でもこれはあくまで予定であり、急激な業績悪化があった場合は配当金が減ってしまう可能性があります。
へぇー。じゃあどっちが良いの?
不動産や他の金融商品の扱いは難しいので、株(ETF・投資信託含む)でお話します。
基本的にはキャピタルゲイン重視の方が大きくお金を増やすことが可能です。
今まで紹介したインデックス型投信積立はキャピタルゲインを得るために行っています。
また、他の投資方法である米国ETF投資もキャピタルゲインを目的としています。
ですが日本株は高配当株投資を行っており、この高配当株投資というのはインカムゲインをメインに考えている投資方法です。

高配当株とは?

高配当株? 何それ?
ざっくり言うと値上がりはあまり期待できないが、配当金がたくさんもらえる株ということです。
普通株は値上がりを期待して買います。
でも高配当株は値上がりより配当金の量が重視されます。
そしてこの高配当株で最も重要なのが配当利回りです。
配当利回りとは配当金÷株価で求められます。
自分も保有しているNTTドコモの配当利回りを見てみましょう。

Yahooファイナンスより

右下のところに配当利回りと書いてあるのがわかるでしょうか。
これはその下の1株配当(会社予想)を今の株価で割ったものになります。
つまり単純に言うと10万円NTTドコモの株を持っていれば年間約4000円の配当収入が得られるということです。(実際にはそれから20%程度税金が引かれます。)
さらに言えば1億円分NTTドコモの株を持っていればそれだけで年400万円=月収33万になるということです。1億円の資産があれば一生食べるのに困らなそうですね。
ただし、これはNTTドコモが今後も安定してこの配当金を出し続けてくれることが前提です。逆にもっと配当金が上がる可能性もありますが・・
高配当株のメリットは配当金をもらっても持っている株が減らないということです。
つまりこつこつ高配当株を増やしていけば収入だけ増やすことができます。
じゃあインデックス型投信積立なんかやってないで全部ドコモ株買わなきゃ!
それはダメです。
なぜならまずドコモだけではリスクが高すぎるからです。ドコモが倒れれば自分も倒れる羽目になります。
リスクを減らす方法、株の選び方などは別の記事で詳しく書きます。

高配当株投資のデメリット

そして高配当株には大きな弱点があります。
それは年4%(税引き3.4%)しかお金が増えないことです。
定期預金が年利0.1%なんだから4%って異次元なんじゃ。
そうではありません。
インデックス型投信積立の期待リターンは5~7%となっています。また投資信託も配当金が僅かにもらえ、その配当金は自動再投資することができます。
自動再投資のメリットは一度手元にお金が渡らないので税金を取られないで投資に回すことができることです。
ややこしいと思う方は高配当株投資よりインデックス型投信積立の方がお金が増えるスピードが圧倒的に早いということだけ理解してください。
なので急いでお金が必要でない若い世代は高配当株投資よりキャピタルゲインを狙った投資の方が有用です。なぜなら配当金をもらっても結局貯金や投資にお金が回ってしまうからです。
自分は日本株で高配当株投資を行っています。小額からはじめて少しずつ高配当株投資に慣れるのが目的です。

高配当株投資のメリット

キャピタルゲインがメインの投資に比べ一番重要な利回りが劣る高配当株投資ですが、なぜこのような投資方法が存在するのでしょうか。
それはインデックス型投信積立にはないメリットがあるからです。
一番のメリットは売り時を考えなくていいということです。
インデックス型投信積立は売らない限りお金が手に入らないため売るタイミングを考えなければなりません。
たまたま売りたいタイミングで株価が暴落していた場合は多少の損覚悟で売るか、もう少し待たなければなりません。その売り時を考えるというのは素人にとって非常に大きなストレスになり得ます。
しかし高配当株投資では持っているだけで一定の収入が入るため最悪売らなくても意味が出てきます。しかも一気にお金が入ってこないため使い方もそこまで気にしないで済むのも魅力です。
そしてもう一つのメリットとして株価が下がった時の心理的ダメージが少ないということです。
株価が下がると配当利回りが上がります(配当金÷株価で計算されるため)。
つまり株価が下がった方がたくさん株が買えるため利回りがアップします。
普通自分の持っている株価が下がると心理的ダメージを受けてしまいますが、高配当株であれば株価の多少の変動は配当金に大きく関係しないためダメージは少なくて済みます。
それもあってか株価全体が暴落しても高配当株は下がりにくい傾向があります。高配当株は株価が上がりづらく下がりづらい安定した株であると言えます。
ですが株価が下がるということは業績も下がっているということなので配当金が減ってしまう可能性があるので注意が必要です。
高配当株投資やってみようかしら。
小額からできるのであればやってみることをおススメします。
ただ銘柄選びが最も重要なため良くわからないのであればしっかり調べてからにしてください。インデックス型投信積立みたいにこれやっとけば最低源大丈夫というのはありません。
インデックス型投信積立と違い買い時が最も重要になります。
自分の高配当株投資についても今後記事にします。自分はネオモバイル証券という証券会社を使っています。
普通日本株は100株単位でしか買えないためドコモの株を買おうと思ったら約30万必要です。いきなりドコモに30万突っ込むのは怖いため1株単位(つまりドコモなら3000円から)で買えるネオモバイル証券を利用しています。詳しくは別記事で。

まとめ

キャピタルゲインは売るとき、インカムゲインは持っているだけで収入が発生する。
どちらも投資において重要な知識であるためしっかり理解しよう。
資産
スポンサーリンク
doctordをフォローする
Dr.Dの資産運用

コメント

  1. […] キャピタルゲインとインカムゲイン投資での資産の増やし方はキャピタルゲインとインカムゲインの二つ! どちらが自分に合っているか考えよう! キャピタルゲインとは? キャピタル […]

タイトルとURLをコピーしました