楽天ゴールドカード改悪!!【通常カードに変更すべき?】

2021年4月1日より楽天ゴールドカードの楽天市場でのポイント付与率が変更になりました。

このゴールドカードの仕様変更により通常カードに戻す人も多いと思います。

ではこの楽天ゴールドカード、どんな人は変更せずに年会費を払い続けるべきなのか考えてみましょう。

変更点

変更点こちらは公式HPの表で十分わかりやすいです。

簡単にまとめるならSPUが通常カード同程度に減少し、また微々たる特典として誕生日月のみ+1倍のSPUが追加されました。

上級カードには年会費があります。

ここで改定前の損益分岐点、改定後の損益分岐点を比べます。

 改訂前改訂後
通常カード(年会費無料)なしなし
ゴールド(年会費2200円)年間11万円以上(SPU+2%)なし(SPU+2%)
プレミアム(年会費11000円)年間87万円以上(SPU+2%+火・木曜限定+1%)年間87万円以上(SPU+2%+火・木曜限定+1%))

簡単に言うならいままで年間11万以上87万円以下を楽天市場で利用する方はゴールドカードが年会費を考慮しても最もお得でした。

楽天市場は楽天ふるさと納税という圧倒的に良い使い道があるのでこの範囲に入る方も多く、考えなしにゴールドカードで問題ありませんでした。

ですがこの改訂によりポイントだけでは年会費分をカバーできなくなってしまいました。

年会費をポイントで取り返そうとすると楽天プレミアムカードに入り、年間87万円以上(火・木曜のみさらに+1倍なので還元率6%で計算)を楽天市場で使う必要があります。

自分は約30万程度(ふるさと納税込み)で楽天市場で利用していたのでこの改訂で通常カードの方が年会費を考慮するとお得になってしまいました。

楽天ゴールドカードのメリットは?

ポイント倍率は通常カードと一緒になってしまいましたが他にもゴールドカードならではの特典もあります。

先ほどの表にもありますが以下のようになります。

  1. ETCカード年会費(550円)が無料
  2. 国内空港ラウンジ2回無料
  3. 限度額が200万(通常は100万)

ETCカード年会費(550円)が無料

これは純粋に550円浮くことになります。ですが年会費2200円を考慮してもまだ1650円の損ですね。

国内空港ラウンジ2回無料

正直空港に行くチャンスはしばらくなさそうなのでほとんど無意味な特典です。

限度額が200万(通常は100万)

地味ですが自分にとっては大きいです。というのも自分は年会費を払っているカードがこれしかなく、年金などをカードで一括で払ったり、大きい買い物をすると限度額に引っかかることがあったのです。

通常カードに戻すべきか?

自分は戻さない選択をしました。

先ほどまとめた通りETCカード無料分を差し引いても無駄に毎年1500円程度払うことになります。

この年1500円が

  • 限度額200万円の年会費無料カードの作成(すでにあればいらない)
  • 楽天ゴールドカードを通常カードに戻し、カード払いの番号などを変更する手間

に勝る人はゴールドのまま様子見で良いと思います。また、プレミアムカードの変更も検討されますが、明らかに特にならない限り敢えて変える必要がないと考えます。

それはやはり楽天カード含め、楽天経済圏のサービスはいつどんな改善、改悪があるかわからないからです。その場その場に応じて自分にとって最大限有効に使えるように柔軟に対応する必要があります。(プレミアムカードに切り替えてまた来年プレミアムカードのSPUが下がる可能性もありますしね・・・)

まとめ

これから新しく楽天経済圏に入り、楽天カードを作る場合は通常カードで良いと思います。

ですが今ゴールドカードで手間や今後の変更の可能性を考慮すると必ずしも通常カードに戻す必要はなく、少し様子見でも良いのではないでしょうか。

コメント