Dr.Dのプロフィールはこちら

投資を始める前に必ず理解しておきたいこと!

投資
投資とはリスク管理のためにある!

投資のメリットを確認していきましょう。

「投資」って何をすりゃいいんじゃ?
投資にはたくさんメリットがあるぞ。

投資のメリット

  1. お金が増える(かもしれない)
  2. ライフプランを考えるようになる、家計簿をつけられるようになる
  3. 節約、節税の意識が高まる
  4. 経済(世界、日本)に興味が沸く

1.お金が増える(かもしれない)

投資とは金融商品(株、投資信託、金など)を買い、その価格が上昇した時に売ることで差額分の利益を得るのが目的です。

簡単に言えば「安く買って高く売る」これだけです。

お金をもっているあなたはお金を「投資」する他に「貯蓄」することができます。

細かい話をする前に「投資」「貯蓄」の違いを理解してください。

わからない方は必ず理解してから「投資」してください。

 投資貯蓄
流動性✖~△
リスク管理✖~△
運用益△~〇
インフレ対策△~〇

流動性

「貯蓄」は流動性が「投資」より良いです。流動性とは言い換えれば「使い勝手」のことです。

「貯蓄」はすぐに銀行から引き出せて使えますが、「投資」の場合現金に換えるのに一手間かかりますし、タイミングが悪いと損するかもしれないです。

なので今持っているお金を全て「投資」に回すと何かあった時(事故、病気など)にお金が無くて困る事態になるのでやめましょう。

リスク管理

ここでのリスクとは数字(残高)が減らないという意味です。当たり前ですが「投資」は経済の動きで値段が変動し、元本割れ(投資した金額より評価額が低くなる)リスクがあります。

一方「貯蓄」は基本的に銀行が倒産しない限りはお金が無くなる可能性はほぼないから多分安心と言えます。

運用益

「投資」はお金(評価額)が増える可能性があります。

また、配当金と言って株などの金融商品を持っているだけで毎年決まった月(1~数回/年)に現金がもらえることもあります。

ちなみに「貯蓄」でも配当金の代わりに「利息」がもらえるが大体年に数円~数十円でほぼ無意味です。

インフレ対策

現在日本は「デフレ」と呼ばれていることはご存知ですよね。「デフレ」とは物価が下がる(=相対的にお金の価値が上がる)ことです。

デフレで物が安くなればたくさん物が買えていいんじゃない?

そう思っていては「お金持ち」の養分にしかなりません。デフレは物の値段は下がるがその分給料も減ります。

元々資産をたくさん持っていた人(つまりお金持ち)はより物を買える力が増えるからラッキーですが、これからお金を手に入れたい人には安い給料で働かせられるため圧倒的に不利です。

つまり「お金持ち」ほどデフレにしたいと考えるのが普通です。

じゃあ「インフレ」とは何か。
簡単に言えばお金の価値が下がることです。

わかりやすく例えて説明します。

もしニュースでこんなことが流れたらどうなるでしょうか。

インフレにします。今日からお金の価値を半分にします!

こんなことが仮に起きると100均は200均になり、缶ジュースは260円になる。その代わり給料も2倍になります。

給料も2倍になるならいっか

この人が言うように「資産」を全く持っていない人なら何も変わらない生活になるでしょう。

しかし、もし銀行に1000万円貯金してあったらどうなるかわかりますよね?

この瞬間からインフレ前の実質500万分物しか買えなくなります。(インフレ前なら1000万円の車が買えたが、インフレ後は500万が1000万に値上がりした車しか買えない)

つまりインフレで一番困るのは「たくさん資産を持っている人=お金持ち」です。

だから「お金持ち」は「デフレ」がいい!

ここでなんで投資とインフレが関係あるかを説明します。

投資とは現金を金融商品(株、金など)に変えることです。

つまり「インフレ」になれば(基本的に)物の値段は同時に値上がりするため金融商品は「貯蓄」に比べダメージが少なくて済みます。これが「お金持ち」が「投資」をする一つの理由でもあります。

インフレなんか本当にするの?

実は「インフレ」は黙ってても進んでいっています。
お金の価値が昔と今で違うことは想像つくと思います。

例としては缶ジュースの値段ですね。
40年で30円値上がりしています。30%の値上げです。

他にもコンビニのアイス、マクドナルドのハンバーガーなどこの20年で大分値段が上がっていることは気づいているはずです。

つまり現金は持っているだけで価値が下がるということです。

まとめれば「インフレは必ず少しずつ進むので資産運用しようね」ということです。

2.ライフプランを考えるようになる、家計簿をつけるようになる

投資のことを散々話しましたが投資をするより大事なのは今後どういったお金が必要になるのか考えることです。

投資は未来のライフプランを考えるきっかけになります。自分も結婚、出産、家・車の購入、親の介護、老後の貯蓄などライフプランを考えるようになり、家計簿もつけ始めるようになりました。

今後自分がやっている家計簿のつけ方も紹介します。

3.節約、節税の意識が高まる

家計簿をつけると節税や節約に関しての意識も高まります。

正直投資のことを考えるより節税、節約を優先して行った方がいいですが。

そして余剰資金ができれば投資に回しましょう。

4.経済(世界、日本)に興味が沸く

日経平均株価、NYダウ、S&P 500

少し前まで全く興味がなかったですが、投資を始めて少しだけ意味がわかるようになりました。

ただ最初のうちはそんなに詳しく勉強する必要はないです。

やってみよう「投資」

まず証券口座を作りましょう。

自分はSBI証券で証券口座、NISA口座、iDeCo口座作成しました。妻もSBI証券口座、NISA口座を持っています。

メインバンクもSBI証券口座を作成するのに伴い住信SBIネット銀行に普通口座を作成しています。

携帯のアプリで残高、取引履歴、証券口座とのお金のやり取り(手数料無料)ができ、とても便利です。

またネット銀行は引き出し手数料、振込手数料もメガバンク、地方銀行と比べ割安でおすすめです。

ただ注意すべきなのは水道など一部銀行振り込みに対応していない場合があることです。

給与の振り込みに使用できない場合もあるでしょう。

なのでメイン口座を住信SBIネット銀行に、その他をメガバンク、地方銀行にするとよいでしょう。

現在給与はサブバンクに入金されますが、毎月決めた日に決めた額が住信SBIネット銀行に振り込まれるという「自動引き落とし」というサービスを利用しています。手数料無料。

他には楽天銀行、楽天証券のセットも良くいろいろなところでおすすめされています。(ポイントで投資、ポイント倍率アップなどの特典がある)

自分は楽天カードユーザーですが金融商品の種類が豊富と書いてあったので自分はSBIにした!

別にここにしなければいけないという「絶対」はないです。

ですが投資をするためにまずどこでもいいので証券口座を作成しよう。

そして投資してみよう!

で、何を買えばいい?

まず実際に今Dが投資している商品を紹介しましょう。

米国株(ETF)
・VTI
日本株
・高配当株(30社以上)

今全てわかる必要は全くないです。特にコスパが良いものから紹介するので順番に始めて行って自分に合った投資プランを見つけよう!

まとめ

投資とは自分の資産を守るために必須!

現金は持っているだけでインフレにより価値が下がることを覚えよう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました