【評価】楽天アンリミット! 速度は?

楽天UN-LIMITは楽天回線エリアならポケットWifiが不要になるくらい優れた回線速度を持っています。実際に利用してみて気になる点と良い点をまとめてみました。

楽天UN-LIMITとは?

楽天モバイルから進化した第4のキャリア(docomo、au、softbankに次ぐ)です。

今まで楽天モバイルはdocomoやauの回線を借りていました。

そのためdocomoやau本家と比べ速度が出ないのが欠点でした。

ですが楽天独自の回線(電波塔)を作成したため速度が上がりました。

楽天モバイルについて以前記事を作成しています。こちらから。

楽天回線は一部の地域限定

こちらから見ることができますが、楽天回線は全国どこでもつながるわけではありません。

現在は都市部を中心徐々に範囲を広げています。

じゃあ都市部から外れたら使えないの?

ですがそうではありません。

先ほどのページにパートナーエリア回線と書いてあります。

これはauの回線のエリアであり、楽天回線が届かない範囲では今まで通りau回線を間借りすることになります。

ここで楽天UN-LIMITの通信制限について理解しなければなりません。

この楽天UN-LIMITでは楽天回線(楽天回線エリア)とau回線(パートナーエリア)の2つの回線を利用します。

2つの特徴は

楽天回線
通信制限なし(低速モードなし)、通信速度20~100Mbps
au回線
通信制限あり(5GB/月)、通信速度10Mbps程、低速モードでは1Mbps

楽天回線エリアではdocomoやauに負けず劣らずの速度が出ます。一方au回線エリアでは以前の楽天モバイルと同様に高速モードでも10Mbps程度のようです。

低速モードが1Mbpsに!

4/8のサービス開始前はこのau回線での設定が今と違っていました。

具体的にどう変わったかというと通信制限2GB→5GB、低速モード128Kbps→1Mbpsになりました。

この差はとても大きく、特に低速モードの下限のUpが大きいです。

楽天スーパーホーダイを以前使用していましたが利用する大きな理由は低速モードでも1Mbpsの速度が出ることでした。

ほとんどの携帯会社は通信制限時は128Kbpsに落ちてしまい、こうなると動画はもちろん画像ですら非常に遅くなってしまいます。

ですが1Mbpsの速度があればYoutubeやNetflixの低画質も何とか視聴でき、また普通のネットサーフィンであればそこまでストレスなく行うことができます。

実際に楽天スーパーホーダイ利用中はずっと低速モードで運用(アプリでオンオフができる)し、昼間や夕方など回線が込み合う時間だけ高速モードで使用していました。なので2GBの最低プランでもそれほど不便がありませんでした。

楽天UN-LIMITは当初低速モードが128Kbpsと告知されていたためあまり興味がありませんでした。

しかし、低速モードでも1Mbpsが出ることになったため俄然興味が沸いたのです。

そして幸いにも楽天回線エリアに自宅があるため現在使用しているWIMAX2が不要になるのではと思い、申込をしました。

楽天UN-LIMITのイイところ

回線速度が速い

自宅では通常50~100Mbps(上りは50Mbps)出ます。

WIMAX2も契約していましたがむしろWIMAX2より早いです。

デザリングも可能でfirestickTVやPS4などにもつなげることができます。

おかげでWIMAX2は完全に不要になりました。ちょうど解約できるタイミングであったため解約しました。

1年間基本料金無料

元々月額2980円と安いのですが先着500万名のみ1年間基本料金が無料になるキャンペーン中です。

1年間無料は実質36000円の価値があるのでとても大きいです。

しかも事務手数料3300円も楽天LINKというアプリをダウンロードして設定すればポイントで返ってきます。

しかも今なら新規契約で3000ポイント、新規機種購入時のポイントバック(5000~15000ポイント)や紹介でのポイントバック(紹介者3000ポイント、契約者2000ポイント)などたくさんのキャンペーン中です。

紹介コードについて
紹介キャンペーンとして紹介者に3000ポイント、新規契約者に2000ポイントのポイントバックがあります。
ちなみに自分の紹介コードは2020041706176です。
コードの使い方はこちらのページに詳細があります。
このコードを使うと自分に3000ポイント、契約者に2000ポイント入ります。
この紹介コードを使う必要はありません。
もちろんこのコード以外でもTwitterで楽天UN-LIMITと検索すればポイント欲しさにたくさんの紹介コードが見つかりますが。笑
この紹介コード無限に利用できますが紹介者が3000ポイントもらえるのは計5回までとなっています。こういったブログなどで不特定多数の人に紹介してポイントを荒稼ぎするのを防ぐためですね。
新規契約者の2000ポイントは何人でももらえるようです。
携帯からだと適応されたかわかりづらいためPCで契約するか携帯でもPC版サイト(ブラウザの右上をクリックするとある)にして進めると良いようです。

おまけですが楽天市場でのポイントが+1倍されます。(以前は楽天モバイルで+2倍だったのですが4月から1倍に下がってしまいました。)

新規顧客を集めたいということもありかなり太っ腹なキャンペーン中となっています。

2年縛り、解約手数料がない

これは嬉しいですね。もし合わなければ解約すればいいのです。

MNP移行手数料はかかるので注意です。

楽天UN-LIMITのダメなところ

楽天回線対応端末が推奨

ここで注意というか不便なポイントがあります。

それは楽天回線に接続できる携帯の機種が限られていることです。

自分はOPPO RenoA 128GBを使用しており、楽天回線も動作保証されていたため何のためらいもなく移行手続きに進みました。

ですが対応端末ではない場合は動作保証がありません。そして何よりも多くの方が使用しているiPhoneに対応していないのです。(Iphone11では動作したとの報告もありますが公式で補償されないので自己責任になります)

丁度携帯を買い替える予定であるなら問題ないですが携帯を買ったばかりで対応端末でない場合は少しギャンブルになります。

楽天回線エリア内でも楽天回線に繋がらないことがある

これもTwitterなどで話題であったため覚悟の上で契約しましたが地図上は楽天回線内でも楽天回線に繋がらないことがあるみたいです。

WIMAX2などのポケットWifi代わりに使用することを想定していていざ自宅が楽天回線に繋がらなければとてもガッカリですね。

もし可能であれば自宅に楽天UN-LIMITに契約している携帯を持ってきてもらい繋がるのか確認したいですね。

サービスが十分ではない

これはどういうことかというと現在多くのお客さんが楽天UN-LIMITの契約を希望しているため申込をしてもSIMカードが到着するまで時間がかかったり、SIMカードを挿入しても回線に繋がるまで時間がかかったりする可能性があるということです。

実際自分の場合SIMカードは申し込んで2日程度で届きましたが、その後SIMカードを挿入しても回線に繋がるようになるまで3日程かかりました。

もちろんこの間はWifiなどで対応するしかありません。

いろいろ調べましたがやはり待つしか方法はないようです。

数日全く電波が繋がらなくなってしまう時間があるかもしれないということは知っておく必要があります。

家族回線の契約ができない

自分は自分の楽天会員のIDで自分と妻の楽天モバイルを契約しています。

自分の楽天モバイルから楽天UN-LIMITへの移行はスムーズでしたが、妻の契約を移行させることがまだできていません。

サイトによると準備ができるようになるまでお待ちくださいとしか書かれておらず、チャットで楽天に質問しましたが1週間以上返事が返ってきません。

早く妻の楽天モバイルも移行させたいのでここは不満なポイントです。

Ping値がやや高い

Ping値とはインターネットの反応速度みたいなものです。

通常インターネットを使用する際にはあまり気にする必要がありませんが、オンラインゲーム(0.1秒の操作の正確性を競う格闘ゲームなど)でこの回線を使用するとラグが出る可能性があります。

まあ無線であればこれは仕方ないですね。他のポケットWifiでも結局同じです。

実際自宅ではPing値は25msでした。そこまで操作速度にシビアでないゲームであれば全く不都合ありません。

今後回線が遅くある可能性もある

現在は利用者が少ないので高速ですが、今後利用者が増えて速度が落ちる可能性もあります。ですが、より楽天回線エリアが増えてくれればむしろ利便性は上がると思います。

まとめ

現状楽天UN-LIMITには非常に満足しています。

いくつか不満点やリスクもありますが楽天回線エリアに在住しており、ポケットWifiを別に契約している方であれば楽天UN-LIMITに一本化することも検討に値すると思います。

キャンペーン終了がいつになるかわからないのでお早目に!

 

節約
スポンサーリンク
シェアする
Dr.Dの資産運用

コメント

  1. […] 【評価】楽天アンリミット! 速度は?楽天UN-LIMITは楽天回線エリアならポケットWifiが不要になるくらい優れた回線速度を持っています。実際に利用してみて気になる点と良い点をまとめ […]