Dr.Dのプロフィールはこちら

ふるさと納税は絶対に損しない素晴らしい制度!

節税
ふるさと納税はメリットしかない。
納税しているならやらない理由はないぞ!
歩道, 経路, 農村, 緑, 道路, 自然, 空, 通路, 草, 風景, 宛先, 田舎, 木, フィールド

ふるさと納税とは?

「ふるさと納税」は今さら説明するまでもないでしょう。
数年前に比べ大分お得感は減ってしまったがそれでもかなりお得なシステムであるため紹介します。

ふるさと納税?なんだっけ?

そんな人は取り合えず

にアクセスして簡単シミュレーションするように。話はそれから。
ちなみに年収1000万の場合

これはどういうことかというと、「177000円までふるさと納税した分は所得税+住民税(住民税は来年分)を前払いしたってことでいいですよ」ということです。

よくわからん。

もう一度言いいますね。

「税金を前払いできる」ってことです。

税金前払いして意味あんの?

余裕であります。

それが「返礼品」

同じ額の税金を払うのであれば「返礼品あり」と「返礼品なし」とどっちがいいですか?そりゃあ「返礼品あり」でしょ。

つまり「返礼品」が実質タダ(厳密には全てで年間2000円)でもらえるってことです。

少し前までiPadやamazonギフトカードなんて換金性の高い返礼品もあったが今は規制されてなくなった。
「泉佐野市」がamazonギフトカードでぼろ儲けしたのでふるさと納税から外されたのはニュースで見たと思う。本来地域に税金を振り分けるのを目的としているのに返礼品目当てでみんなが「泉佐野市」に納税したため政府がブチ切れたのである。返礼品は基本的にその地域で作ったものを使用するが返礼品がamazonギフトカードでは地域の活性化にはつながらないし、儲けるのは「泉佐野市」と「amazon」だけ。そりゃそうだ。
※泉佐野市に納税しても税金払ったことになりません。

ただし所得税と住民税全てを前払いできるのではなく、上限が決まっており、それが年収1000万だと約177000円なのです。

それを超えるとただの「寄付」になり控除されないので年収が確定しておらず、不安な人は少なめに納税するのが良いです。

じゃあどうやって納税するのか。

とても簡単で

1.ふるさとチョイスなどのサイトでほしい返礼品を選ぶ
ふるさとチョイス以外にもいろいろサイトがあります。サイトによって商品や値段、キャンペーンが違います。
2.納税する。
3.「寄付金受領証明書」が届く
4.返礼品が届く
5.確定申告する。ふるさと納税の入力とともに「寄付金受領証明書」を送る。(実際簡単)
ワンストップ特例制度という確定申告しなくても控除受けられるサービスありますがiDeCoや医療費控除など他にも様々な控除が受けられる可能性があるので確定申告は必ず毎年やるべきです。だからワンストップ特例制度は不要だと思います。

これをシミュレーション最大額までやることでふるさと納税の恩恵を最大限受けられます。

返礼品選びも大切

基本は寄付額の30%程度の返礼品となっています。(昔は余裕で50%近いものもあったが泉佐野市の例もあり年々厳しくなった)
寄付額に0.3をかけてその額で返礼品と同じ品物を買おうとしたときにお得かで判断するようにしてください。

豚肉2kg!納税額10000円!という商品があった場合その豚肉に3000円の価値があるかどうか考えてください。

ちなみにDは米、ビール、焼酎、炭酸水でほとんど消費し、たまにネギトロ、イクラなどの冷凍海産物を注文しています。ウニは冷凍でかなり風味が落ちるのでお勧めしないです。ソーセージも頼んだことがあるが長いこと冷凍庫の底で眠っていました。

これを見たあなたは今年から米、ビール、炭酸水を買うことはなくなります。やったね!

ちなみに頼んですぐ来るわけではないので気長に待つこと。

年収1000万以上の方は特にやるかやらないかで大きく変ります。

楽天市場でふるさと納税をすることでポイントも貯められます。またSPU(ポイントアップ)の条件を満たしていれば10~20%ものポイント還元率になることもあるみたいです。実際に今後やってみて紹介したいと思います。

まとめ

ふるさと納税は面倒くさがらずにやろう!

コメント

  1. […] ふるさと納税やってない人っているの?ふるさと納税はメリットしかない。 実際やらない理由はないぞ! ふるさと納税とは? 「ふるさと納税」は今さら説明するまでもないでしょう。 […]

タイトルとURLをコピーしました